#112 MC17 Story #03

MC17

・いよいよ実釣へ


机上で考えるのはここまでにして、ここからは実釣を交え、改善点を見つけていく。

まずは、コンセプトでもある”ただ巻き”で、とにかく巻いてみる。

巻き心地、アクションの自由度、ピッチの速さ等々、重きを置いて考えていることをメインに確認。

 

・バスは釣れたものの


現時点(1st proto model)では、10点ほど(100点満点中)の完成度でした。笑

・改善点


①アクションにロールが入りすぎ、テールのアクションが活かされていない。

ロールが入りすぎていて、テール上側の振り幅と、下側の振り幅が違う。(↑画像)

理想としては、矢印のような上下同じ振り幅にしたい。(↑画像)

②ピッチの速さが中途半端なので、もう少し上げる。

③根がかりする頻度が多かったので、リップ形状や、浮力、ウエイトバランスのパターンを増やし考える。

④テールがすぐ千切れる。

⑤ジョイント三つ目の可動域が少ないので、アクションの自由度が低い。

 

細かく見ていくと、もう少し細分化して分けていけますが、大きく分けるとこの五点でした。

使えば使うほど、改善点は出てくるかもしれませんが、まずはこの五点から改善していきます。

逆に良かった点もあり、今後前後する可能性はありますが、ウエイトが約2ozでした。(間違えていました!1.5ozほどでした)

Hクラスのロッドで気持ちよく使える感じ。

ウエイトも重要視して制作しています。

最終的には、2ozぐらいに合わせていきます。

 

今や、ビッグベイトを巻くだけで釣れるという時代ではなくなってきていますが、MBDの挑戦として、まだまだ釣れる魚はたくさんいるというところを証明していきます。

どこをどう改善すればこの修正点を改善できるのかは、まだわかっていませんが、ルアー作りの楽しみでもある、試行錯誤を楽しんでいきます^^

 

なおひさ

タイトルとURLをコピーしました