#154 BUGROCKの爆発力

アメリカ挑戦

ノースカロライナ州6日目。

前日とは打って変わって、寒気が流れ込み、寒気+爆風。

ダウン+レインを着こんでも、寒いほどの状況変化。

前日と同じパターンと同じく、グライドベイトで探っていき、幸先よくDastyさんに一匹釣れるも、後に続く感じでもなさそう。

爆風で、まともにルアー操作もできず、魚も少し下のレンジにいるのではないか?と思い、BUGROCKに変更したのが吉とでた!!

BUGROCK color : RED GILL

沈み木から、グッドサイズ!!

BUGROCKが正解パターンなのか?

Dastyさんも前日購入していただいた、BUGROCK(color : PERCH)に変更して、ふたりで探っていく。

すると、沈み木をメインに、BUGROCKのただ巻きで連発!!

BUGROCK color : RED GILL

バックシートで釣りをしていた僕がヒットてしていたので、カラー”RED GILL”が今日の当たりカラーなのかもと、ふたりで話していた矢先…

Dastyさんに、BUGROCKのただ巻きで、ビッグフィッシュ!!

BUGROCK color : PEACH

いいところに、しっかりと掛かっていました!!

その後も、BUGROCKの勢いは続き、DastyさんにBUGROCKのパワーを実感してもらいました!!

ビッグベイトでも、クランクタイプがあまり好きではなかったみたいでしたが、BUGROCKを使って好きになってくれたみたいで、とても嬉しかったです。

日本とは違ったフィールド環境でも、BUGROCKの爆発力を実感できたことや、ただ巻きビッグベイトとはいえ、ストラクチャーにも絡めていくことができるビッグベイトという、引き出しの多さを改めて実感しました。

Dastyさんとは、2日間という短い日程でしたが、とても内容の濃い、また違ったアメリカの一面が見ることができました。

 

武村 直尚

タイトルとURLをコピーしました