#162 アメリカ挑戦 完

アメリカ挑戦

最後の釣りが終わり、帰国までは二日間の日程をとっていました。

三日前までのPCR検査が必要だったので、その間に、帰国のためのPCR検査をしにいきました。

前もってネット予約をしていたため、スムーズに進んでいましたが、途中、サイト登録をしていないと進めないみたいで、あわてて登録…

登録までスムーズにいけばいいのですが、英語サイトにあたふた…

日本にいると、言語の壁もないので、こういったことにつまずくことがありませんが、海外だからこそ小さなことでも必死になる。

その時は、かなり必死ですが、振り返るとその時間こそが、旅してる時間だなと思います。

メール登録をしたのに、なぜかメールでの陰性証明書はもらえず、次の日に紙を取りにいき、そのまま空港へ。

歩いて空港まで。

次の日の早朝便(5:30)だったので、空港泊をしましたが、シアトル・タコマ国際空港は、充電器も多くの椅子についていて、とても快適でした。(気が張っていたのもあり、あまり眠れませんでしたが…)

カリフォルニアでの乗り換え時間含め、17時間かけて、日本へ帰国。

入国前にある抗原検査は、3時間で終わり、無事入国。

MBDアメリカ挑戦(Part.1)は、無事終わりを迎えました。

・アメリカで感じたこと


今回、はじめてアメリカにいくにあたり、色々と知りたいことがたくさんありました。

そのなかでも、アメリカでMBDのルアーが、活躍できるのかどうか。

ルアーとしてのポテンシャルを現状持っているのかどうか、というのは今回、確認したいことのひとつでした。

結果、いける!!ということが自分のなかの結論ですが、その壁は高いということも同時に感じました。

それは、ただルアーのポテンシャルが高いということだけでは、だめだからです。

ルアーのポテンシャルは高くても、人との出会いや関係性がなければ、本当の意味でアメリカに届くことはないと感じました。

それは、日本でも同じだと思います。

本気で届けようとしたものだけが、できることだと。

MBDとしての、アメリカ挑戦はまだまだここからです。

今回、アメリカに行くことで、次に繋がる大きな大きな挑戦の切符を手にしました。

本気で届けようと行動した結果だと、僕は思っています。

誰に笑われようが、どんなに世の中が暗くなろうが、前を向いて進んでいきます。

MBDが感動を届けられるように。

まだまだ小さなスタートですが、確実な一歩を踏み出しました。

MBDをサポートしてくれる皆さんがいるから、挑戦することができます。

ありがとうございます!!

そして、これからもMBDは挑戦し続けていきます!!

ワクワクする未来を掴みに!!

タイトルとURLをコピーしました