#54 ウッドルアーを使う上での大切な話

ハンドメイドルアー

ウッドルアーは、名前の通り木でできているルアーです。

フックサークルや岩などに当たったら、どうしても表面コーティングが剥がれてしまうことがあります。

そこから傷口が広がったり、ボディがえぐれてくると、ルアーの寿命も短くなります。(浸水の危険がある)

そうなる前に、ボディを補修してあげることが大切です。

 

やり方は簡単で、コーティング剤がある方はそれを塗ってもらったらいいですが、ない方は瞬間接着剤をつけてコーティングしてあげてください。

一気につけるとドバッとでてくる可能性もあるので、こんな感じにです。

View this post on Instagram

. ●ウッドルアーを使う上で、まあまあ大事な話 ウッドルアーは名前の通り、木でつくられたルアーです。 なので、フックによる傷や、岩などに当たったときのボディへのダメージで、表面のコーティング剤が剥がれたりします。 それを修復せず使い、またボディにダメージがいき、修復せず使うといったことを繰り返していくうちに、ルアーに限界がくることがあります。 つまり、修復しないと寿命が短くなるということです。 . 修復作業としては、コーティング剤を持っている方であればそれを使用すればいいですが、ない場合は瞬間接着剤で傷口を覆う感じでつければオッケーです。 瞬間接着剤から直接やると、ドバッとでる場合があるので、動画のようにチマチマやるのがいいと思います。 . よくウッドルアーは「育てるルアー」と言われることが多いですが、本当にその通りで使うたびに修復していると愛情も湧き、思い出のルアーになります。 感動をもたらしてくれたルアーとは、いつまでも一緒に釣りがしたいのが釣り人だと思います。 是非、自分のルアーを育ててみてください。 . . . #ハンドメイドルアー修復 #ハンドメイドルアー #ルアー #ビッグベイト #ビックベイト #ビッグベイトシーバス #ビッグベイトバス #s字系ビッグベイト #ハンドメイドルアー製作中 #エデン #エデン8 #woodlures #woodworking #handmade #lure #handmadeluresfishing #swimbite #eden #eden8

A post shared by なおひさ/ルアービルダー (@naohisa_takemura) on

その後に、研磨してあげるとより綺麗になります。

コメントでダイソーのものもいいですよー!と教えていただきました。

ウッドルアーは育てるルアー。

そうよく言われる通り、大切にしている方のルアーからはオーラみたいなのを感じることがあります。

みなさんも自分だけのルアーに育ててみてください。

 

なおひさ

タイトルとURLをコピーしました