#68 巻物のおもしろさ

BUGROCK

先日、あちらこちらとフィールドを見て周り、要所要所のピンにEDEN8、広く探っていきたいときにはBUGROCKで巻いて、BUGROCKで釣れた一匹。

横からバックリと。

この一匹を釣るまでの過程で、ある気付きがありました。

 

それは、リップの素材、形状について。

作れば作るほど形状は色々とあるのですが、同じ形状でも素材や厚さが変わるとアクションはともかく、潜る角度、水深も変わってくるということ。

これは似たような形状ですが、素材、厚さ違い。

それぞれに使うベストな状況があって、ポイントによっても、どれが適しているのか変わってくる。

形状が同じなら一緒だろ!と勝手に決めつけてしまっていたので、釣れないながらも、色々なタイプを投げていて気付くことができました。

形状は、躱す能力、躱し方をとったら今のところこれがダントツ。

これはチョコさんからの教えで、試してみるとめちゃくちゃいい!!

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

前回の、岩を乗り越えた後の、気持ちいいバイトもこのタイプのBUGROCK。

釣りに行くたび、なにかしらの気付きがあり、ルアーを作るからこそ、フィールドに足を運ぶ大切さも実感しています。

にしても、ぐりぐりズドンのあのバイトは病みつきです!!

 

なおひさ

タイトルとURLをコピーしました