#76 BUGROCKの使いどころ

BUGROCK

EDEN8では狙えないポイント(ストラクチャー、岩場、EDEN8よりも深いレンジ)を攻めることができるBUGROCK。

 

個人的な使い方としては、

・広範囲をスピーディーに巻いてバスを探す

・ストラクチャーに絡めてバイトを誘う

・ピンへのアプローチ

・カエルパターン

 

この四つをイメージして使用することが多いです。

EDEN8とは違って、リップが付いているのでストラクチャーに絡めて使用することができ、リップが抵抗を受け、トゥイッチなどの弱アクションで短い距離から魚を誘うこともできます。

そして、一番本領発揮をするパターンが、『カエルパターン』です。

『カエルパターン』のバイトの特徴は、着水直後すぐの巻き始めから、葦などに隠れていたバスが猛突進してきて、テール側から引きずり込むようなバイトです。

水面に波紋がでるので、「あ、キタキタ!ズドン!」みないな感じなので、釣り方的にも楽しい釣り方です。

 

先日の釣行では、EDEN8で浮いている魚を釣った後、昼になるにつれ魚が沈んだと感じ、スタンプが絡む回遊ポイントでBUGROCKの回避能力を活かし、いい魚からの反応をもらえました。

 

といった感じで、これは一部の使い方ではありますが、色々な使い方があり、僕自身の信頼もかなり高いです。

 

あと少し改良したいところがあるので、その部分に問題なければ、来年春(?)販売開始しようかなと考えていますので、楽しみにしていてください。

EDEN8と共に、”自信作”と言えるアクションに仕上がりました。

 

なおひさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました